大和「和英(わひで)」で贅沢な懐石ランチを堪能してきたぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和英

たまには贅沢なランチでもしようと思い、以前から気になっていた季節懐石料理のお店「和英(わひで)」さんにお邪魔してきました。

結論から言うと、お値段以上の満足度!

というわけでご紹介します。

スポンサーリンク
レタリング(大)広告

和英(わひで)

和英

お店の場所は、大和駅北口(相鉄口)より徒歩5分ほど。新橋通り東側のスポーツジム ルネサンスの脇の通りを入った先にあります。

大和駅周辺では珍しい割烹料理のお店で、法事や接待などで利用されることが多いお店です。

ただ、ランチメニューは月替わりのコース料理で、夜の値段設定に比べると、かなりリーズナブルに利用することができます。

和英

6月は「雨上がりの輝き」というコース。どんな料理が出てくるのか楽しみです。

予約もせずに一人でフラっと入ってしまったのですが、タイミングよく席が空いていたようで、すんなりと席に案内されました。私が訪問したのは、土曜日のお昼だったのですが、お隣の席では法事帰りの団体客が食事をしていました。

和英

とりあえず、贅沢ついでに昼ビールを頂きます。うん、間違いない!

和英

メニューは、前菜、お造り、焼物、煮物、中皿、ご飯、デザート。本格的な懐石コースですね。

和英

そうこうしているうちに、一品目の前菜が来ました。左が玉子豆腐で右が牛肉八幡巻きとボタン海老のから揚げに枝豆、奥が鱧 (はも) サラダです。

牛肉八幡巻きはゴボウが包まれているんですが、これがまた美味い!玉子豆腐も出汁が半端なく美味しい。

鱧サラダは梅しそドレッシングがさっぱりしてよく合ってます。

一品目からこの完成度。この後に続く料理が楽しみです。

和英

二品目はお造り。お魚はマグロの赤身とヒラメでした。

お刺身はそれぞれ二切れ程度ですが、この後に続く料理を考えればこのぐらいで十分ですね。

和英

続いて、三品目の焼物と四品目が煮物とがきました。右が焼物の空豆のグラタンで、左が煮物の里芋饅頭です。

空豆のグラタンは、空豆をペースト状にしてジャガイモ、ブロッコリー、ホタテと一緒にグラタンにしてあります。ほんのり味噌の味付けがしてあって非常に美味しい。

そして里芋饅頭ですが、里芋をペースト状にして豚の角煮を包んで、蒸して揚げて、餡かけをかけてあります。餡かけが絶妙な味加減でこれまた美味い!!

ん?でもこれって煮物か?まぁ美味いからいいか(笑)

和英

五品目の中皿は合鴨の塩蒸し。

合鴨に塩胡椒して、二日間寝かした後に蒸したもの。ステーキソースでいただきます。

サラダはゴマドレッシングでいただきます。サラダに入っていたミョウガがまたいい!

和英

六品目はご飯もの。天ぷらの茶漬けです。

天ぷらは、エビ、キス、インゲン。出汁をかけて茶漬けにして食べるのですが、これがまた美味い!

サクサクに揚がった天ぷらに出汁をかけてクタクタにするのは邪道かもしれれませんが、あえてクタクタにするのもまたいいですね。出汁をかける前に一口サクサクを楽しみ、出汁をかけてクタクタも堪能しましょう。

天ぷらを食べた後は、わさびを少し出汁に溶かしてわさび茶漬けにするのもおススメです。

そして、このタイミングでお茶を出してくれるのも、「分かってるなー」という感じでありがたいですね。

和英

最後はデザートのフルーツケーキです。

ワイングラスの中にフルーツを引き、たこ焼きくらいの大きさのスポンジを乗せてホイップとミントで飾り付け。

見た目がおしゃれで可愛らしいデザートで食事が〆られて大満足でした。

というわけで、これだけ本格的な懐石コースが堪能できて、昼懐石 2,500円+ビール 600円+消費税。

かなりお得ですね。ご褒美ランチに、ぜひまた利用したいと思います。

本日も、ごちそうさまでした。

関連ランキング:懐石・会席料理 | 大和駅

スポンサーリンク
レタリング(大)広告
レタリング(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です