大和市文化祭が生涯学習センターで開催されていたのでのぞいてきたぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bunkasai_0

大和市で行われておる100日間の芸術イベントの一環である大和市文化祭が10/24(土)から大和市生涯学習センターで開催されています。

大和消防体験フェスティバルからの帰り道にちょうど生涯学習センターを通ったので、のぞいてきました。

スポンサーリンク
レタリング(大)広告

第63回大和市文化祭

bunkasai_1

大和市文化祭は、正式には一般公募展、特別企画展、市民芸術祭に分かれており、市民芸術祭は11/3(祝)に行われる予定です。

今回は、10/24(土)から始まった一般公募展と特別企画展のみ。というわけで、中に入ってのぞいてみました。

入り口は北側入り口に回って入ります。入って右側が特別企画展で、左側と二階で一般公募展が行われていました。

特別企画展は、平成25年に大和市文化芸術賞を受賞された童話作家の森山京(みやこ)氏の作品展示会です。

bunkasai_2

森山氏といえば、もともとはコピーライターとして活躍されており、あの有名な「25歳はお肌の曲がり角」というコピーを作った人です。

bunkasai_3

入り口付近では、森山氏の代表作品のキャラクターと一緒に記念撮影ができるコーナーがありました。

bunkasai_4

これまで出版された200点以上の作品が展示されています。これらの展示図書はすべて自由に手に取って読むことが可能です。

bunkasai_5

bunkasai_6

逆側の壁には、森山氏を紹介するパネルが展示されています。

bunkasai_7

名作「きいろいばけつ」の原画と、小さな読者から送られた黄色いバケツが展示されていました。

さて、特別企画展はこれぐらいにして、今度は入り口から入って左側で展示している一般公募展をのぞいてみました。

bunkasai_8

まずは「写真」の展示です。私も趣味で写真を撮るので、これは興味津々でした。

bunkasai_12

bunkasai_13

bunkasai_14

中には数々の作品が飾られています。どの作品もレベルが高く、とても素人が撮ったとは思えないほどのクオリティばかりでした。

bunkasai_9

奥では「書」の展示があります。

bunkasai_10

bunkasai_11

こちらも素晴らしい作品ばかり。書のことはよくわかりませんが、よくわからない私が見ても、「スゴイ…」と思う作品ばかりでした。

2階では「絵画」の展示も行っていました。

一般公募展と特別企画展は、10/24(土)から10/29(木)までの午前10時か~午後5時まで展示されています。

お近くに立ち寄った際には、ちょこっと中をのぞいて、芸術の秋を感じてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レタリング(大)広告
レタリング(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です