大和市ウォーキングマップを歩いてみた!(深見歴史の森・境川コース編)【やまと散歩】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

walkingmap_fukami_sakaegawa

大和市ウォーキングマップってご存知ですか?健康都市宣言をしている大和市が、市民の健康づくりのために役立ててもらうことを目的とし、市内の様々な場所のウォーキングコースを作成し、冊子を作成して配布しているものです。

大和市ウォーキングマップ

冊子だけでなく、コースのスタート地点には、コースを表す看板が立っていますので、見かけたことがある方もいるかと思います。

ということで、第2回目のやまと散歩は、大和市ウォーキングマップにある「深見歴史の森・境川コース」をご紹介します。

スポンサーリンク
レタリング(大)広告

大和市ウォーキングマップ(深見歴史の森・境川コース編)

スタートは、大和駅東側プロムナード。コースを表す看板がスタート地点です。

まずは、プロムナードを瀬谷方面に歩いていきます。

プロムナード東側では、ガーデニングロードとして、プロジェクトに参加している市民によって植栽された花壇を見ることができます。

中には力作もあり、季節によって楽しむことができます。

プロムナードの途中には、先日愛称が『YAMATO文化森』に決定した、建設中の大和駅東側第4地区の再開発ビルがあります。

まちゼミやイラストレーションデザインコンペなど8月末~9月の出来事をご紹介!【やまとショートニュース集】
記事にするタイミングを逃してしまった大和市の話題を集める『やまとショートニュース集』8月の終わりから9月半ばまでの...

建設現場の壁には、「YAMATO ILLUSTRATION STREET」として、「YAMATOイラストレーションデザインコンペ」の過去の入選者が制作したイラストが飾られています。

さらにプロムナードを進み、プロムナードの終点まで来たところで左側にあるマンションの脇道の遊歩道入り口を入っていきます。

ここが本当に分かり辛かった。特に標識も目印もないので、最初は手前のマンションを曲がりそうになりました。

遊歩道がいつの間にか終わり、普通の道をしばらく歩いていると、右側に深見台第5児童遊園があります。

さらに進むと、また遊歩道のようです。ここまでずっと真っ直ぐの道です。

交差点に差し掛かりますが、斜め前方が遊歩道です。

途中に交差点がありますが、真っ直ぐ国道467号線にぶつかるまで進みます。

国道467号線に出ました。

ここから、東名高速道路のガード下まで進みます。

左手に大和自動車学校があります。

その先の右手、ローソンの隣になんだかオシャレな雰囲気の雑貨屋さんがありました。

残念ながらこの日はお休みだったようですが、店内の雰囲気を覗くと、なかなかよさそうなお店です。こういう知らないお店を発見できるのも、ウォーキングの楽しみのひとつです。

東名高速道路のガード下まで進み、高架下沿いを右折します。

最初の交差点を左折し、東名高速道路のガード下をくぐります。

ここからまた直進です。

右手に深見北のコミセンがあります。

深見北のコミセンを過ぎ、左手にヤマダ電機が見えてきたら、手前を右折します。

このポイントが、かなり分かりづらく、一度通り過ぎてしまいました。

しばらく進むと二手に分かれますが、ここを左の方へ進みます。

すると、左手に一ノ関公園があります。

さらに直進すると、八雲神社にぶつかります。ここを右折。

坂を下っていくと、すぐに一ノ関城ケ岡入り口の看板があり、そこを左折です。

細い道を進んでいきます。

何もなくて不安になりますが、進んでいくと右手に稲荷神社があるのが目印です。

そのまま進んでいくと森にぶつかります。

実は、この森の先が深見城跡地なのだそうです。

気になって奥に入ってみようかとも思ったのですが、ここまであまりにも時間がかかりすぎてしまったことと、めちゃくちゃ蚊に刺されそうだったので止めておきました。

深見城跡地は、またの機会に取っておこうと思います。

先ほどの森のところを右折し、テクテク道沿いに歩いていきます。

八雲神社から下ってくる道に出ました。ここを右折します。

八雲神社の方へ戻るように歩いていきます。

交差点にぶつかりました。直進すると、八雲神社の方に行きますが、ここから左に曲がり、藤沢大和サイクリングロードへ向かいます。

後から気がついたんですが、実はここで道を間違えていました。

本来のコースは、左折してすぐに東名高速道路の方へ向かい、高架下をくぐって藤沢大和サイクリングロードへ出るのが正しいのですが、その道に気がつかず、左折した道をそのまま直進してしまいました。

道を間違っていることに気がつかず、しばらく歩いていくと、途中に「四万坂古戦場」の看板がありました。

どうやらこの辺がそうらしいのですが、道を間違ったからこそ巡り合った場所ということで、結果オーライとしましょう。

「四万坂古戦場」の先の坂を下っていき、交差点を左折すると中島橋にぶつかります。ここで正規ルートの藤沢大和サイクリングロードに出ました。

ここから川沿いをひたすら真っ直ぐ進んでいきます。

しばらく進むと、右手に大和東高校が見えてきました。

その先には、大和東小学校があります。

深瀬橋を過ぎると、境川親水広場があります。下に降りれるようになっており、川に入ることもできるようです。

川には魚も泳いでおり、子連れで訪れるにはいいかもしれません。

広場というだけあって、腰を下ろせるベンチもあります。

境川親水広場から先に進むと、相鉄線が見えてきます。小さな入村橋を過ぎると相鉄線の線路にぶつかります。

ここを右折。

すぐに高架下をくぐる道があります。

高架下をくぐり、左に行くと藤沢大和サイクリングロードが続きますが、この道を真っ直ぐ進み、深見神社を目指します。

右手に浄土宗 佛導寺があります。

浄土宗 佛導寺を過ぎて真っ直ぐ進むと、右手に深見神社への入り口がありました。

階段の右側に道はありますが、せっかくなので、この階段を登って深見神社に寄り道をしていきます。

階段を登ると、深見神社の脇に出ました。

ぐるっと回って正面から入り、お参りしました。

神社沿いをぐるっと回って相鉄線の線路まで戻ります。

あとはプロムナードまで戻るだけです。

プロムナードに戻ってきました。

ようやくゴールです。

歩いてみた感想など

ウォーキングマップでは、約2時間のコースとなっていましたが、私は迷ったり、写真を撮ったりしながら回っていたので、約3時間ほどかかってしまいました。

ちなみに、ウォーキングマップでは歩行距離5.4キロとなっていますが、もっとあるだろうと、念のため家に帰ってきて「キョリ測」で距離を確認してみたら、7.6キロもありました。そりゃ3時間もかかるはずだ…

歩いてみた感想としては、遊歩道やサイクリングロードをチョイスして車を気にせずに歩けるよう配慮されたコース取りだなあと思いましたが、コースの途中に看板も何もないので、本当に分かりづらかったです。実際、何度も道に迷いましたしね 笑。

そこらへんがもうちょっと分かりやすいように配慮されていると、なおいいかもしれません。

あと、注意点としては、国道467号から外れると、途中お店はおろか自動販売機すらありません。水分補給する場所がないので、そこらへんは準備しておいた方がいいと思います。

というわけで、だいぶいい運動になってしまいましたが、まだまだ知らない大和を知ることが出来て、意外と面白かったです。ウォーキングコースとはなっていますが、ジョギングコースとしてもいいかもしれませんね。

機会があれば、他のウォーキングコースも歩いてみようかと思います。みなさんも、歩いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レタリング(大)広告
レタリング(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です