『にぎわいやまとプレミアム商品券』をムダにしないお得な使い方を教えるぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

premium_shohinken_680

9月1日から利用開始となった『にぎわいやまとプレミアム商品券』。1万円で1万2000円分の商品券が購入できるとあって、たくさんの応募がありました。皆さんは無事ゲットできましたか?

ただ、非常にお得な商品券ではあるのですが、注意すべきことがあります。それは、期間限定の商品券であるということ。

使えるお店も限られていますし、お釣りも出ません。ましてや、期間が過ぎるとただの紙切れになってしまいます。せっかく当選して得したつもりでも、使い方によって損をしてしまう場合があるんです。

そこで、絶対に損をしたくないアニキ@やまとのーとが、『にぎわいやまとプレミアム商品券』を無駄にしないための方法をまとめましたのでご紹介します。

スポンサーリンク
レタリング(大)広告

『にぎわいやまとプレミアム商品券』の注意点

注意点1. 期間限定であること

『にぎわいやまとプレミアム商品券』を使う上で必ず意識しなければいけないのが、期間限定であるということ。通常の商品券であれば、いつでも使えますが、『にぎわいやまとプレミアム商品券』は2015年9月1日〜2015年12月31日までしか使えません。

その期間を過ぎてしまうと、使用することも返金することもできず、ただの紙くずになってしまいます。

本来であれば、その期間で使えるだけの額を購入すべきなんですが、何も考えずに家族全員分当選したから限度額いっぱいまで購入したりすると、使え切れなかったり、使い切るため無駄に使ってしまったりしてしまいます。これでは本末転倒ですよね。

なので、まずは期間内の毎月の予算を確認します。そうやって、残りの期間が少なくなってから慌てて使わないように、普通に使って使い切るのか?使い切れそうにない場合、いくら分くらい残りそうなのかを確認しましょう。

注意点2. 使える店舗が限られていること

利用可能店舗が発表されており、市内の大型ショッピングセンターやスーパーなどで利用できるので、どこでも使えるという印象を持つかもしれませんが、『にぎわいやまとプレミアム商品券』には2種類の商品券があるため、商品券によっては、使える店舗と使えない店舗があるということを知っておく必要があります。

例えば、5万円分の『にぎわいやまとプレミアム商品券』を購入した場合、1万円分のプレミアムがつくので商品券としては6万円分になります。しかし、6万円分全てが全店舗で利用できるわけではなく、内訳は全店舗共通券が4万円分で、中小店舗専用券が2万円分となります。

つまり、スーパーやホームセンターなどで利用できるのは、4万円分でということになります。なので、残りの2万円分をどこの店舗で利用するかが、商品券を無駄にしないポイントとなるわけです。

注意点3. 金券の購入や公共料金の支払いはできない

利用可能な店舗であっても、換金性の高い金券や図書券などの商品券、切手、ハガキなどを購入することはできません。また、毎月の支出で大きな割合を占める公共料金の支払いもできませんし、タバコも買えません。

以下、利用対象とならないものをあげておきます。

  1. 出資や債務、公共料金の支払い(税金、振込代金、振込手数料、保険料、電気・ガス・水道・電話料金等)
  2. 金、プラチナ、銀、有価証券、金券、商品券(ビール券、清酒券、おこめ券、図書券、店舗が独自発行する商品券等)、切手、はがき、印紙、プリペイドカード、旅行券、乗車券等の換金性の高いものの購入
  3. たばこ事業法(昭和59年8月10日法律第68号)第2条第1項第3号に規定する製造たばこの購入
  4. 事業活動に伴って使用する原材料、機器類及び仕入れ商品などの購入
  5. 現金との換金、金融機関への預け入れ
  6. 大和市指定収集袋、粗大ごみ証紙の購入
  7. 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に規定する営業に係る支払い
  8. 特定の宗教・政治団体と関わるものや公序良俗に反するもの
  9. 保険診療対象となる医療費の支払い
  10. 介護保険の対象となるサービス費用の支払い
  11. 会費、商品及びサービスの引換等代金を前払いするものの内、有効期限が平成27年12月31日を超えるもの
  12. 各参加店舗の指定するもの

にぎわいやまとプレミアム商品券 ご利用上の注意

これらで使うことをあてにしていたとしたらかなり予定が狂ってしまいます。そうした場合、使う予定を見直す必要がありますので注意しましょう。

注意点4.お釣りがでない

『にぎわいやまとプレミアム商品券』は現金ではなく商品券ですので、お店でお釣りはでません。

600円の買い物をして500円券を2枚使ってもお釣りがもらえないんです。なので、500円券1枚と、現金100円で払う必要があります。

なので、500円以下の端数は現金で払うようにしましょう。

『にぎわいやまとプレミアム商品券』をお得に使う方法

では、ここから『にぎわいやまとプレミアム商品券』を無駄にしないお得に使う方法をご紹介したいと思います。

その1.本当に必要なものに使う

先行で始まっていた他市の人の話を聞くと、現金ではなく商品券のため、どうも無駄使いをしてしまうといいます。

期間中に使わなければいけないという気持ちもあってか、普段なら買わない値段の高いお肉や食材を買ってしまい、結果的に出費が大きくなってしまうということがあるそうです。

確かに、20%のプレミアムがついているので、そういった使い方もありなのかもしれませんが、結果的に20%以上の無駄遣いをしてしまっては、お得でも何でもありません。

では、どんなものに使えばいいのか?以下に挙げてみました。

  • 値引きされず定価で販売されるもの
  • 毎月定期的に消費するもの
  • 日用品や消耗品など買いだめがきくもの

20%のプレミアムがついているとはいえ、値引き率が20%になるわけではありません。10,000円÷12,000円=16%引きです。つまり、プレミアム商品券が使えなくても2割引きで売っているところで買った方が得になる場合があるということです。

ということは、逆に値引きされやすい商品やサービスよりも、値引きされず定価で提供されるサービスに使った方が得ということです。

例えば、美容室やガソリンスタンド、飲食店など、毎回の払う料金があまり変わらないものに使うと20%のプレミアムが活かされるわけです。

書籍なども、通常は定価販売が基本なので、まとめ買いをして利用するのも手です。ただし、得だからと言って無駄に外食ばかりしては意味がなくなってしまいますけどね。

そういう場合、ママ友さんたちとのランチや友人や会社の同僚との飲み会などでは、幹事をすすんで引き受けましょう。割り勘のお金は現金で集めて、支払いに『にぎわいやまとプレミアム商品券』を利用すると、合法的にかつお得に換金できるというわけです。

その2.家電などの買い替えなど大きな買い物に使用する

大型家電店などでは、中小店舗専用券が使えないため、あくまでも全店舗共通点のみの利用となってしまいますが、大量に購入した商品券の使い道としては、家電などの買い替えなど、大きな買い物に利用するというのもお得な使い方です。

12月になればボーナス商戦も始まり、セールがあります。そういったところで安くなった商品を買うのに『にぎわいやまとプレミアム商品券』を利用すれば、使いきれずに期間が過ぎてしまったということもなくなります。

12,000円分の商品券がまるまる使えるわけではないので、お得に思えないかもしれませんが、現金で買うよりもプレミアムがついているので余った商品券を別の用途で使えるというメリットがあります。

その3.中小店舗専用券を使えるお店をチェックしておく

たとえば、毎日の食材の買い物などに使うのは当然考えますが、食材の買い物はたいてい大きなスーパーで買うことが多いと思います。しかしながら、ほとんどのスーパーは中小店舗専用券は使えず、全店舗共通券を使用することになってしまいます。

だからといって、中小店舗専用券が使えるからという理由で、いつも買っているスーパーよりも高いお店で買い物しては意味がありません。

というわけで、しっかりと中小店舗専用券が使えて、日用品などが安く買えるところをチェックしておきましょう。

クリエイトやマトモトキヨシなどの薬局だと日用品の取り扱いがありますので中小店舗専用券が使えるお店としてチェックしておきたいところ。他にも、酒屋で使えるところが多いので、お酒以外にも調味料などが購入できます。

その4.使いきれそうもない時は、日用品の買いだめや災害時用の備蓄品を揃える

お得だからといって、家族全員分の名前でたくさん応募して購入した場合、12月までに使いきれなくて慌ててしまうことがあるかもしれません。何度も言いますが、そこで慌てて無駄使いしては、お得でも何でもなくなってしまいます。

そんなとき、12月のボーナスセールなどで家電を買い替えるのもいいのですが、必要もないのに買い替えても無駄になるだけです。

なので、そういう場合は、ホームセンターやマツキヨ、クリエイトなどで、日用品の買いだめをしておきましょう。賞味期限などがなく、買いだめのきく日用品のストックであれば、来年以降も必ず必要となりますので、無駄にはなりません。

あとは、災害時の備蓄品を揃えたり、買い替えたりといったことに利用するのも手ですね。普段なら気が回らないかもしれませんが、そういったものも無駄ではありませんので、この機会に揃えておくのもいいかもしれません。

さて、残念ながら当選しなかったかたも、まだチャンスがあります。期間内に引き換えられなくて余った商品券は、落選した人の中から再抽選されますので、諦めずに祈りましょう 笑。

関連記事

「にぎわいやまとプレミアム商品券」の当選倍率は!?取扱店は!?いろいろと調べてみたぞ!!
9月から利用が開始される『にぎわいやまとプレミアム商品券』の購入応募が7月末に締め切られ、当選者には購入引...

スポンサーリンク
レタリング(大)広告
レタリング(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です