2014年Y-1グランプリで準優勝した南林間の『横浜らーめん 南林家』で特製赤味噌ラーメンを食べてきたぞ!【やまとらーめん通信】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

nanrinya_680

戸塚に本店のある壱八家からの独立店と聞くと、先日訪問した『Neo 家系らーめん 實家(みのるや)』と同じなのですが、オープンはこちらのお店が先です。

「Neo家系らーめん 實家」で特製赤味噌ラーメンを食べてきたぞ!【やまとらーめん通信】
戸塚に本店がある壱八家の系列店、半蔵から独立した『Neo 家系らーめん 實家(みのるや)』。壱八家からの独立店とい...

もともと、南林間にお店があるのは知っていたのですが、神奈川県には家系ラーメンのお店ばかりなので、わざわざ足を運ぶ機会がありませんでした。

しかしながら、2014年の大和市民祭りで開催されたY-1グランプリに出店されていて、そこで食べる機会があったのですが、これがなかなか美味い!その時、準優勝に輝き、これはぜひお店にも行かなければと思っていました。

先日、實家を紹介したときに、密かに「次は南林家だな…」と候補に挙げていたので、満を持してのご紹介です。 

スポンサーリンク
レタリング(大)広告

横浜らーめん 南林家

お店は、小田急江ノ島線、南林間駅の西口改札を出て徒歩3分のところにあります。

平日は15:00頃に一度閉めるお店が多い中、11:00~夜まで通し営業というからありがたい。 私が訪問したのも、平日の15:30という間の悪い時間帯でしたが、しっかり営業しており別日に出直さなくてすみました。

私が入店すると、先客は0。そりゃそうです。と、思いきや、私の後に子供連れのお母さんや、さらにもう一人別客も来店するなど、時間帯関係なく来客のある人気店のようです。

メニューはというと、實家と同様に壱八家系列のメニューを継承しており、店内に貼られている写真も、實家にあるものと似た感じのものです。

とくれば、頼むのはおのずと決まってきます。ここは實家同様、豚骨醤油の家系らーめんではなく、赤味噌をチョイスします。

南林家も、赤味噌が800円に対して特製赤味噌が850円なので、特製赤味噌の方がお得です。いつものように麺の固さ・濃さ・油の量を聞かれますが、オール普通でお願いしました。

chomiryo

卓上の調味料も實家と同じ感じですね。醤油、ラー油、胡椒、すりゴマ、酢と、ご飯用のふりかけ。

ninniku_tobanjan

あとは、おろしニンニクと豆板醤がありましたが、七味がない!まあ、辛味噌だし、無くても問題はないか…。 で、そんなこんな待っていると、来ました「特製赤味噌らーめん」です。

tokuseiakamiso

ドーン!!!! たっぷりのモヤシが山となって盛られています。これは嬉しい!!!

tokuseiakamiso_side

横から見ると、その高さがわかるかと思います。(写真が汚い…) で、いつものようにスープから。

soup

おっ!クリーミー!

實家と同じ濃厚な家系味噌かと思いきや、そこまで濃厚ではなく、どちらかというとクリーミーな味噌です。

といっても、豆板醤が入った辛味噌なので、マイルドなクリーミーさとは違う味。こういう味噌ラーメンは初めてかもしれません。これはこれで美味い!

menlift

麺は、「あかいけ」の麺箱が置いてあったので、實家と同じ製麺所みたいですね。

ストレートの中太麺がモチモチして美味い!

具は、モヤシ、コーン、キャベツ、ほうれん草に味玉半分とチャーシュー、海苔が3枚。並盛なのに量が多い。食べ応えのある具に大満足です。

モヤシ、キャベツはシャキシャキ感がちゃんと残っており、コーンも汁の底に沈まず、具材にからんで一緒に食べれます。具をすくうレンゲがついてきますが、無くても綺麗に食べれました。

sirukan

そんなこんなで、美味い美味いと食べていたら、途中で味を変えるのも忘れて綺麗に汁完。 本日も、ごちそうさまでした。 

スポンサーリンク
レタリング(大)広告
レタリング(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です